DJ入門講座! 初心者も基本が分かる完全DJビギナーズガイド2020

DJ初心者の疑問、プロのDJが誰でも分かるように教えます!

「DJって何をする人なの?」
「はじめてみたいけど、DJ機材っていくらするの?」
「DJってどういう仕事があるの?」

DJに対してこういったギモンを持っている人も多いですよね!?
このページでは、プロのDJが初心者の方にも分かるように、シンプル&丁寧にお答えします!


目次

  1. DJって何をする人なの? – ノンストップで曲をプレイする人
  2. DJってどういう仕事があるの? – 作曲やリミックスも!
  3. DJをするのに何が必要なの? – 3つのタイプから機材を選ぼう!
  4. 今すぐDJはじめられるおすすめ機材は? – 3万円でバッチリ!
  5. DJを習いたい! – 無料で受けられるオンラインレッスン!
  6. もっとDJについて知りたい!質問したい!

1. DJって何をする人なの?

DJの基本は「ノンストップで曲をプレイする人」

好きなアーティストのアルバムを聴いていて、「曲と曲のあいだが途切れなければいいのに‥」って思ったこと、ありませんか?
そう、DJの基本は「ノンストップで曲をプレイする人」これなんです。
2台のプレイヤーで交互に曲を途切れないようにプレイすることで、聴く人や踊りたい人を楽しませ続けるのがDJなんです!

このように一つのデッキでかけた曲を、途切れないように次の曲につないでいくんですね!
この時に真ん中のミキサーを使って、二つの曲をきれいにミックスしていきます。

それもただ曲を並べるだけではなく、クラブやフェス会場で、その場のお客さんの反応を見てあらかじめ曲順を決めずにアドリブでプレイして行くのです。
それにはたくさんの音楽の知識と、DJミックスのテクニック、そして音楽センスが必要なんですね!

2. DJってどういう仕事があるの?

作曲やリミックス、ライブのバックDJなど色んな種類のDJがいる

DJの種類

みなさんが最初に思い浮かべるDJは、フェスやクラブのステージ上でプレイするクラブDJではないでしょうか!?
しかし他にも、作曲をメインとして活動するプロデューサー兼DJや、ターンテーブリストと言われるスクラッチ等のパフォーマンスを重視したDJもいます。
また、HipHopアーティストなどのグループに所属するライブを演出するバックDJもいますよね!
プロのDJは一つのカテゴリー専門ではなく、色んな種類のDJを兼業して仕事をしています。
例えば、普段は作曲をして、週末はクラブでDJしつつ、ラジオの番組を持つDJもいます。

DJの種類や仕事についてもっと知りたい人は!こちらの記事を
>>「DJとは何をやる人なの? どんなDJプレイや種類と役割がある?」

3. 初心者がDJをするのに何が必要なの?

DJ機材とスピーカー、ヘッドホンがDJには最低限必要

DJをするには、主に次の3つが必要となります。
・DJコントローラーなどのDJ機材
・スピーカー
・ヘッドホン
まずはDJ機材。これはCDJというCDを入れるタイプや、PCを使うタイプなどがあり、次の項目でさらに詳しくみていきます!
他にはDJプレイの音を出力するスピーカーと、プレイする前の曲をモニタリング(聴く)するヘッドホンがあればOK!
また、近年はPCを使って楽曲を管理したり選曲するのが一般的です。

DJ機材は3つのタイプ – 「PCDJ」「CDJ「一体型(オールインワン)」!

DJ機材は大きく分けて3つのタイプに分かれます!
PCDJ」とは、ノートPCにDJソフトを入れて、専用のコントローラーでDJするスタイルのこと。今からDJを始めるならPCDJがおすすめ!
CDJ」とは、CDを入れられるプレイヤーなんだけど、今はUSBメモリにmp3を入れてプレイするスタイルがメイン。実はプロのあいだではこれが主流です。
オールインワンの一体型」は、PCを必要とせずにDJ機材一台でプレイできてしまうスグレモノ。これから人気が出るかも! もちろんアナログレコードをターンテーブルでプレイするDJも、今でも活躍していますよ!

はじめてのDJ機材についてもっと知りたい人はこちらの記事を
>>「初心者必見!2020年 DJをはじめるのに必要な機材をタイプ別に紹介」

4. ビギナーがDJはじめるのに最初に買うおすすめ機材を教えて!

3万円以内で手に入る3つのオススメ機材はコレ!

昔は高価だったDJ機材も、今なら3万円でオッケーなんです!
しかもおもちゃのようなコントローラーではなく、DJ機材の世界シェアNo.1のメーカー「Pioneer DJ」
このブランドの高い品質のDJ機材が3万円前後で手に入ります!

特集記事はこちらにありますが、このページでも簡単に紹介していきます!
「DDJ-400 x SB3!3万円以内で買えるPCDJ機材レビュー」

オールマイティーな超人気機種!Pioneer DJ DDJ-400

これを買えばDJソフト「rekordbox」のライセンスも付属するのですぐにDJできる、ビギナーに超オススメのDJコントローラー!
このDDJ-400とPCさえあれば、DJをすぐに始められます!!
なんと2020年春から夏にかけての自粛期間中は、DJをはじめたい人からのあまりの人気にこのDDJ-400が世界的に品薄になるという事態に・・。

※下の画像をクリックするとAmazonへ移動します

おすすめな理由は・・
・ジャンルに偏らないオールマイティーな機能
・Pioneer DJの機材に慣れておけばクラブデビューも楽になる
・低価格ながら多機能なDJソフトのライセンスも付属

このDDJ-400について詳しく知りたい方は、こちらもMIXFUN!が制作したレビュー動画をご覧ください!

HipHop系に人気のSerato DJビギナーモデル! DDJ-SB3

超有名なDJソフト「SERATO DJ」を使ってDJするならこのコントローラー!
PC用DJソフトとしては世界シェアでトップのSerato DJ、そのライト版が付属しているのがこのDDJ-SB3

※下の画像をクリックするとAmazonへ移動します

音楽ジャンルとしてはHipHop系のDJに人気があるSerato DJなので、HipHopのDJを極めたい!という人にはオススメな一台です。
価格はDDJ-400と同じく3万円ジャスト!

スマホアプリでDJできる!手軽にDJをはじめるなら DDJ-200

※上の画像をクリックするとAmazonへ移動します

PCがなくても、We DJやdjayといった人気DJスマホアプリでDJプレイが可能に!
本格的な機材はちょっと・・という人や、PCは持っていないけどDJやってみたい!という人にはまさにピッタリのこのコントローラー。

DDJ-200について詳しく知りたい方は、こちらもMIXFUN!が制作したレビュー動画をご覧ください!


ということで、3万円で買えるオススメ機材を紹介しました!
これからDJをはじめるビギナーなら、予算も考えてこの3台の中から選ぶことをMIXFUN!は超オススメしています!

5. 今すぐDJを上達したい人に!無料で受けられるオンラインスクール

既にDJコントローラーを持っている!でもDJの基礎がわからない、もっとうまくなりたい!という人には、MIXFUN!の初心者向けオンラインレッスンがあります。

初心者でもDJの基礎からPCソフトの設定など分かりやすくレッスンしているので、ぜひチャレンジしてみてください!

rekordboxビギナーコースCHKトップ画像
DJオンラインレッスン ビギナーコース

6. もっとDJについて知りたい!質問したい!

いまご覧になっているこのページは「オンラインDJスクールMIXFUN!」という、今までになかった日本初のオンラインでDJを本格的に学べるというサイトです!
下のバナーからビギナーのカテゴリーページへ移動できます。


役に立つDJ情報だけを常にアップしているので、ぜひ今後ともチェックしてくだっさいね!!
トップページへ戻る

関連記事

注目の記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 初心者DJも上達する3つの練習方法!短期間でミックスやスクラッチを上手くなるやり方

  2. rekordboxに超便利なEDIT機能が追加!DAW無しで簡単にオリジナルEDITが作れる!

  3. Pioneer DJがCDJ-3000を発表!8つのHOT CUEにKEY SYNCなど新機能を最速チェック!

  4. DJ KOMORI’s レコメンドエキップメント – 厳選したおすすめ機材セレクト

  5. 自宅でプロのDJから学べるオンラインレッスン!rekordbox ビギナーコース with DDJ-400

  1. 自宅でプロのDJから学べるオンラインレッスン!rekordbox ビギナーコース with DDJ-400

  2. DDJ-400は2020年もなぜ人気? プロのDJが人気機材を徹底レビュー!

  3. 動画 – BPMを変えながらミックス!rekordbox Top 40 Transition Mix by DJ KOMORI

  4. DJをはじめた初心者に大切な3つのポイント!誰かのマネをしてもOK!?

  5. DJに役立つ知識 ジャンルを見分ける方法 – リズム PT.1

ピックアップ

  1. DDJ-400 x SB3!3万円以内で買えるPCDJ機材レビュー

  2. 「なぜDJは作曲するの?」日本で語られない、有名になる以外の4つのメリット

  3. プロのDJに大切な5つの要素 第3回「現場のDJプレイ」