DJとは?どんな種類の仕事があって何をやっているの?

DJって何?さまざまなDJの種類や役割を紹介!

一言に「DJ」と言っても、時代の変化と共にさまざまなカテゴリーのDJが出現してきました。
そこでこの記事では、現在の主なDJの種類や役割をリストアップしてみました!順番に見ていきましょう。

ラジオDJ

ラジオ番組で曲を紹介してプレイする役割。ラジオ・パーソナリティとも言われる。専属のDJとしてラジオ局に所属している場合もあれば、タレントやアーティストが担当することも多い。

クラブDJ

これが一般的にイメージされる「DJ」でしょう。元々は前述のラジオDJから派生したが、クラブやディスコなどでDJ機材を使って音楽を流す人のことを指します。

会場はクラブ、ディスコ、バー、野外フェスや企業イベント、プライベートパーティー…など様々。 音楽をプレイする「プレイヤー(ターンテーブル or CDJなど)」が2台以上と、その真中に音を統合する「ミキサー」と呼ばれる機材を使います。近年はラップトップPCとDJコントローラーを使う場合も多く見られます。
踊っているお客さんの足を止めないように、曲が途切れないように連続してPLAYする」…これがDJの基本的な役割。 クラブDJはプレイする音楽ジャンルごとにHipHop DJ、House DJ、Techno DJ、EDM DJ…というようにカテゴライズされるのが一般的です。

また、クラブDJの良し悪しは主に2つのテクニックによって判断されます。 DJ機材を駆使してスムーズに(時には大胆に)曲をつなぐ「ミキシング」のテクニックと、その場のお客さんの雰囲気や曲の好みを察知する「場を読む」テクニック、この2つです。 日本のDJスクールで教えられているのは前者ばかりですが、このMIXFUN!ではこの「ミキシング」と「場を読む」テクニック両方を取り扱っていきます。

オンラインDJスクール「MIXFUN!」の無料メール会員に登録するとメンバー限定公開のコンテンツもご覧になれます♪

ターンテーブリスト

ターンテーブルを使用して、スクラッチを中心に様々なスキルを駆使してパフォーマンスを行うDJを指します。以前は主に「バトルDJ」とも呼ばれていたが、競い戦うことが目的ではなく、音楽的な表現を試みていることから「ギタリスト」「ピアニスト」などと同列に「ターンテーブリスト」と呼ばれることの方が多くなりました。 最近はCDJやDJコントローラーを使用するケースも多く見られます。 有名な大会として、DMC World DJ ChampionshiosRed Bull 3Stylesなどがあります。

DJ KENTARO - DMC 2002 World DJ Championships

Red Bull 3Style 2018 WORLD CHAMPION - DJ Damianito - Final Night WINNING SET

レジデントDJ

これはクラブDJと重なる部分も多いのですが、特定のクラブでレギュラー、つまり決まったクラブで定期的にプレイするDJのことを指します。レジデントDJは、例えば毎週金・土曜日というように決まったクラブやイベントにて、決まったスケジュールで出演します。 逆に、イレギュラーに出演するDJをゲストDJと呼びます。

Tiestoがレジデントを務めるラスベガスの超有名クラブ、ハッカサンでの舞台裏を密着した動画 - Hakkasan Las Vegas Nightclub's Resident DJ, Tiesto

バックDJ

シンガーやラッパーなどのライブパフォーマンスをサポートするDJ。アーティストの登場前や舞台転換の時にDJプレイで観客を盛り上げたり、ライブ中にタイミングを見計らってTVトラック(LIVE用のヴォーカルを抜いた音源)をプレイしたり、スクラッチで間奏を演出するなどの役割があります。

Will Smith x DJ Jazzy Jeff Live Performance(MCとライブDJ、お手本のようなライブ動画!)

生演奏を必要としないHipHopアーティストに多く見られ、ほとんどのHipHopアーティストは専属のDJを抱えて一緒にツアーを回るなど、重要な役割を果たします。

その他のDJ

レゲエDJは、歌ったりラップしたり、他ジャンルで言えばシンガーやラッパーにあたる人のことをレゲエ界ではDJ (Deejay)と言います。

また、セレブとして知られるモデルや芸能人の人があまり練習もせずに気が向いたときや本業がヒマなときにだけDJプレイをする「セレブDJ」や、自分の家のみでDJプレイを楽しむ「ベッドルームDJ」などがあります。

そして、これはDJの使用する機材によってカテゴリーが変わるのだけど、ラップトップPCを使いDJソフトでプレイするDJを「PCDJ」、スマートフォンやタブレット端末を使ってDJをする「モバイルDJ」と呼びます。

まとめ - 1つのカテゴリーにとどまらないDJの役割

・・・様々なDJの種類、いかがだったしょうか?

ここで!大切なポイントとなるのは、「〇〇DJに当てはまるから、それ以外のDJ仕事はやらない」という訳では全くありません。 世界で活躍するDJ,A-TRAKを例に見てみましょう。

Red Bull Canada

彼は15歳でDMC世界チャンピオンになったターンテーブリストであり、PC(Serato DJ)を使いPLAYするPCDJであり、世界のクラブでPLAYするクラブDJでありながら、以前はカニエ・ウエストなどの有名HipHopアーティストのバックDJを務めていました。 さらに言うと彼は、A-TRAKとしてのプロデュースワークや、ダック・ソースというユニットのプロデューサー、そしてFool’s Goldレーベル設立者としての顔も持っています。

A-Trak - EDC Las Vegas 2018 アフタームービー

そしてどんな世界的なDJもそうであるように、DJを始めたばかりの頃はベッドルームDJだったことでしょう。

この記事で紹介したように様々なカテゴリーのあるDJですが、「どれか一つに属しないといけない」といったルールは全くありません。 そう、「ルールがない」ことがDJの大きな魅力の一つでもあります!

プロのDJを目指す人は、自分はどんなDJになりたいのか、どんなDJに向いているのかをじっくり考えながらステップアップできるといいですね^ ^

オンラインDJスクール「MIXFUN!」の無料メール会員に登録するとメンバー限定公開のコンテンツもご覧になれます♪