DJ初心者にオススメ!3万円ではじめられるDJコントローラー3選

PioneerのDDJシリーズから3万円でそろえられるビギナー向けオススメのDJコントローラー3選を紹介!

2018.9.18 記事を更新しました!

DJをはじめてみたい!そこでまず迷うのは「どんな機材を買えばいいの?予算はどれくらいかかる?」ですよね。
今回はビギナーにも安心してオススメできる3万円ジャストで買えるPioneerの3つのDJコントローラーを紹介したいと思います!

先に結論から言うと・・・
オールラウンダーで一番安心な DDJ-400
HipHopやるならDDJ-SB3
PCが無いならWeGo4!」です。
 

(DJソフトについてはこちらを参考にしてください→ わかりやすく解説!3大メジャーDJソフトレビュー

オンラインDJスクール「MIXFUN!」の無料メール会員に登録するとメンバー限定公開のコンテンツもご覧になれます♪

DJコントローラーとは?

まずはDJにはどんなアイテムが必要なのか、説明しますね。デジタル機材でDJする上で最低限必要なアイテムは・・・


「DJコントローラー」「ラップトップPC (スマホでも可)」「ヘッドホン」「スピーカー」接続する「ケーブル」。

今回紹介するDJコントローラーは音を出力する「オーディオ・インターフェース機能」を備えているので以上になります! (スピーカーやヘッドホンはDJ機材屋さんでセット販売もされているのでそちらもオススメです。)

仕組みとしては・・・

[PC]上で立ち上げたDJソフトを[DJコントローラー]で操作します。

音も[PC]→[DJコントローラー]を通して出力して→[スピーカー]から鳴らす・・・という仕組みです。
また[DJコントローラー]→[ヘッドホン]で音をモニタリング(つなぐ前の曲を準備する)ができます。

ではオススメのDJコントローラーを紹介して行きましょう!
 

ビギナーも使いやすい新商品! Pioneer DDJ-400

まずは現在、さまざまなジャンルのDJにオススメできて人気のコチラ・・・「Pioneer DDJ 400」!
このコントローラーには、DJ機材で世界標準となっている日本のメーカーPioneerが開発した「rekordbox DJ」という、別で買うと1万円以上するDJソフトが最初から付いています!
大ヒットとなった前モデル「DDJ-RB」のコンパクトさや価格はそのままに、リーズナブルだけどとてもよく出来たコントローラーです。

MIXやCUE設定などの基本的なDJ機能はもちろん、プロ仕様のフィルターやエフェクトなどもついていてDJをはじめる一台目として物足りないということはまずないんじゃないかな?!
また、DDJ-RBからレイアウトが変更されてパイオニアのCDJやミキサーに近いレイアウトになりました!これによって「家でDDJ-400で練習→共通のソフトrekordboxで準備→USBで音源を持ち込み、クラブでCDJを使う!」というDJスタイルもより一層やりやすくなりました。(もちろんDDJ-RBでも同様のことは可能です♪) 特にリリースFXはミキサーやCDJにも付いていないかなり使えるエフェクト機能です。

(オフィシャルCM動画)

また、もし今後CDJを使ってのプレイも考えている人は、同じrekordbox のソフトで作ったプレイリストの情報などをそのままCDJに読み込んで使えるので、ステップアップしてクラブのPioneer DJ機材を使いたいと考えている人にも対応しています!

サイズはミキサー + CDJ2台と比べるとかなりコンパクト。大きめのバッグがあれば持ち運びしやすいと思います♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pioneer DJ DDJ-400 【rekordbox djライセンス付属】
価格:29800円(税込、送料無料) (2018/9/19時点)

 

 

HipHopでDJを始めたいなら! Pioneer DDJ-SB3

続いて出たばかりの新商品、DDJ-SB3!これはSerato DJ Liteというソフトがついていて、DDJ-RB同様1台目のコントローラーとしてはすごくオススメです!

基本的な機能はそろっているソフトが付属しているのですぐにDJを始めることができます。 しかし本格的な機能の充実したプロ仕様のソフト「Serato DJ Pro」 を使うには有料のアップデート(1万円強)をする必要があるのでその点は注意してください!

また、HipHop界のレジェンドDJであるJazzy Jeffが開発した「パッド・スクラッチ」という、このSB3オリジナルの機能がついていてこれがなかなか面白いです。
下の動画を見てもらえば分かると思いますが、パッドを押すだけで何パターンかのスクラッチをすることができます。

(オフィシャルCM動画)

実際のスクラッチほど自由には出来ないけど、ビギナーモデルにはピッタリの機能ですね!
サイズ・重量は上のDDJ-400とほぼ同サイズです。

幅:487 mm
高さ:58.5 mm
奥行き:271.2 mm
本体質量:2.1 kg
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pioneer DJ DDJ-SB3 【高品質 EXFORM製 USBケーブル プレゼント!】
価格:29800円(税込、送料無料) (2018/5/3時点)

 

 

PC不要! iPhoneでDJするならコレ! Pioneer DDJ-WEGO4

そして最後はdjay2 Wego4!こちらはスマホやiPadをつないで、動画でも紹介したDJアプリ、djay2を使ってDJができるコントローラーです。つまり、パソコンを使わずにコントローラーでDJができる!というアイテムです。

(3つの中で唯一ホワイト&ブラックのカラバリがあります)
また、Pioneer rekordbox DJのソフトも付属している(!)のでその点はDDJ-RB同様かなりお得です。

iPhoneの接続などもシンプルで簡単なのですが、PCからではなくiPhoneやiPadから流れる音を再生することになるので本格的なDJソフトと比べると音質やiPhoneがフリーズしてしまうという面で少し、、不安があります。
例えばホームパーティーや自宅でプレイするという面では全然問題ないでしょうけど、システムの入っているBarを借りてイベントをやったり、クラブでプレイしたい!という場合はこのWEGO4では少し物足りなくなってくるかな、、と思います!

(オフィシャルCM動画・・この動画はちょっと分かりにくいかな 笑)


サイズは以下のように上2つのコントローラーより一回り小さく、かなり持ち運びしやすいサイズですね。

幅:380 mm
高さ:59 mm
奥行き:240 mm
本体質量:1.8 kg
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Pioneer DJ DDJ-WEGO4-W 【今ならDJ用ヘッドホンプレゼント中!】
価格:32400円(税込、送料無料) (2018/5/3時点)

 

 

【まとめ】

ということで、今回は3万円前後の機材を紹介してみました!そう、3万円でDJを始められる時代になったんです・・・。もしCDJを購入しようと思うと、最新機種CDJ-2000NXS2は一台27万円(!)。これが最低でも2台必要で、さらにDJミキサーも必要・・・orz

今回紹介するDJコントローラーとMacbookを一台買っても、まだCDJ一台より安いんです。いますぐDJをはじめたいという人にも飛び込みやすい価格だと思います。

さて、改めて今回のポイントをまとめると!
PCを持っていない & 買う予定が無いなら「WEGO4」
そして「DDJ-RB」と「DDJ-SB3」どっちもオススメで迷うところですが、強いて言うなら、HipHopが好きでHipHopのクラブでDJやりたい、という人は「DDJ-SB3」!
その他のジャンルなら「DDJ-400」をオススメします!(名前が紛らわしいので注文するとき気をつけてね!笑)  

もちろん!3万円は安い買い物ではないと思うのだけど、例えばギターやカメラを趣味で始めようと思っても3万円ではなかなか買えませんよね。あとはランニング始めようと思ってスニーカーとウェアをちゃんと揃えたら3万円くらいなので、趣味でDJを始めるにも予算的に全然ありなんじゃないかな〜と思います!

オンラインDJスクール「MIXFUN!」の無料メール会員に登録するとメンバー限定公開のコンテンツもご覧になれます♪

関連記事

わかりやすく解説!3大メジャーDJソフトレビュー