音楽情報

ラウンジパーティーでのDJプレイや選曲ってどうやるの?誰も教えてくれないコツを伝授

日本でも確実に需要が増えるラウンジパーティーでのDJ、暗黙のルールや選曲のツボを解説します!

DJが活躍する現場は、クラブやフェスでお客さんを盛り上げるだけではありません。
クラブ以外のラウンジやバー、レストランといったベニュー(会場)での、企業パーティーやブランドのレセプション、結婚式の二次会などシーンは様々。
しかも新型コロナウイルスの影響もあり、今後は密集するクラブばかりではなく、世界的に上記のような会場でのラウンジパーティーの需要が増えてくることも予想されます。

しかし欧米と違い、ここ日本でのラウンジやバー・レストランなどでのDJパーティー(以下、ラウンジパーティーとまとめます)がまだ定着していません。
それだけに、「どういった選曲が定番なのか」といった記事や情報なども全く無い状態です。
自分は幸運にも、海外ブランドのレセプションや多数の上場企業パーティーから友人の結婚式でのDJを経験してきたので、そのDJプレイの秘訣を教えましょう!

ラウンジDJのポイントは次の4つです!

  1. ダンスミュージックは音楽の一部でしかない
  2. クラブとは違う空間とサウンドシステム
  3. 踊りに来ていないお客さんたちも喜ばせる
  4. J-POPは取り扱い要注意

さて、ポイントを一つずつ解説していきましょう!

1. ダンスミュージックは音楽の一部でしかない

まずわれわれDJは、「日本人のほとんどがダンスミュージックを聴かない」ということを忘れがちです。
すごく残念ではあるけれど、この事実を無視するべきではなく、DJする上で大前提となる「データ」を冷静に捉える必要があります。
HipHopやハウス・ミュージックの母国アメリカや、ダンスミュージックの中心地であるヨーロッパの国々とは、全く環境が異なります。
いや、、クラブの規模やK-POPの質の高さなどを考えても、お隣の韓国や中国に比べてもダンスミュージックからの距離は遠いとも言えるかも知れません。
DJにとっては残念ではあるけど、この事実を冷静にかつ前向きに受け止めましょう。

一般の人にとってダンスミュージックに馴染みがないと言う事実は、クラブよりもラウンジパーティーに来るお客さんの層ではさらにその傾向が強くなります。
常に大音量なクラブと違って、「大きい音で音楽を聴きたくない」と思っている人さえも中にはいる「かも」しれません。
「その場にいる人たちがどういった心理でこの場に来ているのか・・」
そんな想像力を客観的に働かせることこそが、いいDJプレイを生み出す基礎となります。

2. ラウンジパーティーでは「生」が良く合う

ここで言う「生」とは生音、つまり打ち込みのドラムやシンセで作られた楽曲ではなく、「生演奏の音がフィーチャーされている楽曲」と言うことです。
これは会場のサウンドシステム、つまり音響の機材にも大きく関係してきます。
クラブミュージック、特にTRAPなどのベースミュージックは、低音の出るスピーカーで再生されることを前提に作曲されています。
しかし、クラブと違って日本の多くパーティー会場のスピーカーでは、唸る様なベース音は出ません。

そういった理由もあり、個人的にはラウンジパーティーでは「生音の曲」を多めにセレクトすることをおすすめします。
特に新旧問わず、SOULやディスコ、R&Bの名曲を試しにプレイしてみてください。
4つ打ちをプレイしたいなら、無機質なテクノよりもしっかりと生のグルーブがあるハウスが合うと思います。

言葉で説明しても分かりにくいと思うので、参考になる動画を貼っておきます!
フランス出身の有名なDJ、ディミトリ・フロム・パリのボイラールームでのDJプレイです。

飽くまで一例なのですが、雰囲気は伝わると思います。

最近のメジャーなアーティストの名前を挙げるとするならで、ブルーノ・マーズやチャイルディッシュ・ガンビーノ、ダフト・パンク、タキシードあたりはかなりプレイしやすいかなと思います(これも飽くまで一例です)。
また、日頃練習したスクラッチやエフェクトなどのスキルを見せつけたい気持ちも、ここはグッと控えておきましょう。

3. 踊りに来ていないお客さんたち

DJは人々を踊らせて盛り上げることが、最高の仕事の一つです。
しかし、実際にはそうでないシチュエーションも数多く存在しますし、ラウンジパーティーでは、必ずしも踊らせることがゴールではありません。
色々な人と知り合ったり、仲間とワイワイ楽しむ、古臭い言葉ですが「社交場」としての大切な役割があります。

だからといって、メロウすぎたり暗すぎる曲は、その場にいる人たちの気持ちを盛り上げてはくれません。
あえて言葉にするなら
「聴いていて会話のじゃまにならないけど、知らない人に話しかけたくなる」
「同じ世代が集まっているから、『この曲懐かしいよね!』と会話のネタになる」
そんな選曲を心がけるのもいいでしょう!
どんなサウンドかを具体的に聴いてもらいたいので、以前に自分がホテルでのレセプションに合わせて作成したDJ MIXをさらっと一度聞いてみてください。

全体的にデジタル音の少ない、温かみのある楽曲で統一されているのが何となく伝わると思います。
もちろん、踊り始めるお客さんがいたら臨機応変にその人達を楽しませることも忘れずに!

4. オシャレなパーティーでのJ-POPは要注意

JーPOPに素晴らしい楽曲はたくさんあります。
しかし、J-POPというジャンルが「おしゃれな音楽ジャンルでは無い」ことは、多くの日本人も認めるところでしょう。
また、外国人のお客さんにとっては全く馴染みのない異国の音楽なので、その点も理解しておいた方がいいですよね。

DJと言う立場は、文化や国籍の違いなどを考慮して音楽をセレクトしなければなりません。
日本では同じ人種が多いので理解が難しいですが、こういったパーティー会場では色んな出身地や国籍の方が集まるのは当たり前の事です。
もちろん、DJのルールに「絶対NG」なんて言うことはありませんが、J-POPをプレイする時は特に注意した方がいいでしょう。

まとめ - これからの社会で増してくる、DJの重要な役割

少し真面目な話になりますが・・コロナウィルスの影響もあり、「ソーシャル」や「人間関係」そのものが見直されている時代に突入しました。
ビジネスでは不要な出張や出勤が見直されて減らされる一方で、しかしリアルな世界での社交場の重要性に気づいた人も多くいると思います。

大切な仲間や初めて出会う人達と過ごす貴重な時間、そこにシーンに合った音楽のセレクトで空間を演出してくれるDJがいたら・・人が喜んでくれることはもちろん、経済的な効果だって計り知れません。
事実、海外では大企業やセレブが主催するパーティーには、著名な(しかも選曲センスの良い)DJたちが高額のギャランティーで招待されることは少なくありません。

日本でも今後、ラウンジパーティーの数や、DJの重要性が増してくると思われます。
そういった場でのDJの自分本位な身勝手な選曲(笑)を減らして、来ている人たちが心地よく楽しい時間を過ごせるための、大切な役割を果たせるようになると良いですね!

注目の記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. プロが教えるDJを最速で上達する練習方法とは!?短期間でミックスやスクラッチを上手くなるやり方

  2. rekordboxに超便利なEDIT機能が追加!DAW無しで簡単にオリジナルEDITが作れる!

  3. Pioneer DJがCDJ-3000を発表!8つのHOT CUEにKEY SYNCなど新機能を最速チェック!

  4. DJ KOMORI’s レコメンドエキップメント – 厳選したおすすめ機材セレクト

  5. 自宅でプロのDJから学ぶオンラインレッスン!rekordbox ビギナーコース with DDJ-400

  1. 自宅でプロのDJから学ぶオンラインレッスン!rekordbox ビギナーコース with DDJ-400

  2. DDJ-400は2020年もなぜ人気? プロのDJが人気機材を徹底レビュー!

  3. 動画 – BPMを変えながらミックス!rekordbox Top 40 Transition Mix by DJ KOMORI

  4. DJをはじめた初心者に大切な3つのポイント!誰かのマネをしてもOK!?

  5. DJに役立つ知識 ジャンルを見分ける方法 – リズム PT.1

ピックアップ

  1. 「なぜDJは作曲するの?」日本で語られない、有名になる以外の4つのメリット

  2. PCDJ初心者はrekordboxがおすすめ!? 2020年 人気3大DJソフトの選び方

  3. スクラッチやつなぎのDJテクニックって、本当に必要なの?