ビギナーDJ

初めてのDJプレイリストの作り方と選曲のコツ【EDM編】

今回は「初めてのプレイリストの作り方」を紹介します!
自宅で練習してある程度ミックスができるようになってきたら、ミックスを作って録音したり、DJデビューの現場などがあると思います。
でも、最初のうちは「たくさん持ってる曲の中で、どの曲を選んだら良いんだろう・・?」ってなりますよね。

そこで一度、「プレイリスト」としてリストを作っておくことをオススメします!
DJにとってプレイリストは、「料理人のレシピ」のように大切なもの。
プレイリストを作ることで形に残せるし、何より、上達のコツは漠然と練習せずに、きちんと形に残してランドマークを作ることです。

このノウハウをrekordboxやSerato DJなど、各DJソフトのプレイリスト作成で活用できるので、参考にして下さい!

  1. プレイリストのテーマとジャンルを決めよう
  2. 入れたい曲を選んでリストに入れよう
  3. プレイリストをBPMで並び替えてリナンバーしよう
  4. BPMの数字でブロックごとに分けよう
  5. 実際にMIXしてみて、つなぎにくい曲は外して行く




1. プレイリストのテーマとジャンルを決めよう

まずはプレイリストをどんなテーマでどんなジャンルの曲を入れるか、決めましょう!
最初のうちは「自分の好きなジャンル」+「選曲のイメージ」のような形が作りやすいと思います。
あまり考えすぎずに、「Happy EDM」とか「My Funky House」、もしくは「2020 BEST HipHop」とか、そんな感じで大丈夫!
もちろんプレイリストは本来一つのジャンルに絞らなくてもいいのだけど、今回は初めてなので一つに決めましょう。
分かりやすくタイトルを付けておけば、あとで見直す時も便利ですね!
今回は「PARTY EDM」というテーマで、分かりやすい定番の盛り上がるEDMヒット曲を中心にしたプレイリストを作ってみましょう!

2. 入れたい曲を選んでリストに入れよう!

とりあえずは10〜20曲のリストを作るので、少し多めに1.5倍くらいの曲を選ぶのがいいでしょう。
なぜかと言うと、「この曲を入れたい!」と思っていても、「つなぐポイントが無い!」となって入れられない時が多々あるからです。
逆に言うと、選んだ曲数の半分〜70%くらいのプレイリストが出来上がるイメージで曲を選んでおくと良いですね!


これが「PARTY EDM」をテーマに選んだ25曲のプレイリストです。
この時点では曲順などはバラバラでオッケー。

3. ミックスする前にBPMで並び替えてリナンバーしよう

ここでリスト上部のBPMをクリックして、BPM順に並び替えます
今回はBPMの遅い曲→速い曲と言うリストにしましょう。
基本は、BPMは下がっていくよりも上がっていく方がDJもやりやすいし、聴いている側も気持ちがいいです。

また、一度BPMで並び替えたら、rekordboxにはリナンバーすると言う機能があるのでそれを使用します。


プレイリスト上の列を右クリックすると「曲順をリナンバする」という項目があるので、これを選びます。
また、「#」を選択すると好きな順番に曲を並べ替えることができます。
こうすることで、BPM順に並んだ状態から、自分の好きな曲順に並び替えることができます。
(SeratoなどDJソフトにこのリナンバ機能が無い場合は、BPM順に並べた状態で新しくプレイリストにコピーして「#」順に並び替えることでも代用できます)

4. BPMの数字でブロックごとに分けよう

BPM順に並べたときに、BPMが近い曲同士を一つのまとまりとして考えます。
例えばEDMだと、4つ打ちのBPM126〜130近辺と、TRAP系のBPM140〜150、POPS系の100 前後のBPMなど大きく3つに分かれると思います。
これらの曲同士はBPMを合わせたミックスが難しいので、エフェクトのECHOなどを使ってつなぐポイントと覚えておくといいでしょう!

このときに、BPMがバラけているジャンルだと、1・2曲だけBPMが離れた曲が残ってしまうことがあります。


「PARTY EDM」のプレイリストだと、Chainsmokersの「Closer」だけがBPM100で外れていますね。
この場合は、思い切って今回のプレイリストから外してしまいましょう・・!
最初のプレイリストなので、あまり考えすぎずにリストを完成させて実際にプレイしてみることが大切です!

5. 実際にMIXしてみて、つなぎにくい曲は外して行く

ここからは、実際に自分でミックスを試しながら曲順を決めて行きます。
そして、試しにミックスしていく中で
「この曲はイントロやアウトロのブレイク(ドラムだけのパート)も無いし、つなぎにくいな・・」という曲は、
先ほどと同様にリストからどんどん外して行きましょう!

もちろん繋ぎが気持ち良くなるように、好きなように曲順を並び替えてもOKです。
ただし今回は、例えばBPMが「126→132→127」という具合に1曲ごとに前後しないようにしましょう!

EDMはつなぎやすい曲がほとんどですが、25曲から7曲減らして計18曲の「PARTY EDM」プレイリストが完成しました!
Alan WalkerのFuture Houseなリミックスに始まり、EDMの定番曲を経て、最後はBPM 145のハードスタイルで終わる・・という展開のあるリストになりましたね。

プレイリストの曲順を決めるには奥が深く、本当はとても色んな要素があります。
選曲や曲順こそが、DJの個性の見せ所だからです。
でも今回、大切なのはとにかく「はじめてのプレイリスト」を完成させること!
それを録音して聴いてみれば、「あ、ここのツナギ変だったな」なんて課題が見えてくるので、そういうポイントは次回修正すればいいですね!
それを繰り返していけば、必ず!DJは上達しますよ!




注目の記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. DJのつなぎ方3パターンのコツが分かる!プロのミニDJ講座

  2. プロが教えるDJを最速で上達する練習方法とは!?短期間でミックスやスクラッチを上手くなるやり方

  3. rekordboxに超便利なEDIT機能が追加!DAW無しで簡単にオリジナルEDITが作れる!

  4. 「rekordbox」をプロDJが選ぶ理由は!?そのメリットと最新機能を 徹底解説!

  5. 最新CDJ-3000を検証!8つのHOT CUEにKEY SYNCなど新機能を最速チェック!

  1. rekordbox & DDJ-400の使い方が初心者も分かる!プロのDJに基礎を学ぶビギナーコース

  2. DDJ-400は2020年もなぜ人気? プロのDJが人気機材を徹底レビュー!

  3. DJテクニック解説 – BPMを変えながらTop 40をミックス! rekordbox + DDJ-400

  4. DJをはじめた初心者に大切な3つのポイント!誰かのマネをしてもOK!?

  5. DJの音楽ジャンルが聴くだけで分かる方法を解説!

ピックアップ

  1. プロのDJに大切な5つの要素 第3回「現場のDJプレイ」

  2. 2020年 無料でも使える本格DJアプリ おすすめ5つをプロDJが厳選!

  3. プロを目指す人 必見!DJになるには何をすればいいか 大切な5つの要素 第1回