DJ機材

DJ用に最適なUSBメモリとポータブルSSD、SDカードはコレだ!

こんにちは!オンラインDJスクールのDJ KOMORIです。

CDJなどを使用してDJするには、必ずと言っていいほど必要になって来る、USBメモリSSDSDカードと言った記憶デバイス。
DJ用に使うUSBのデバイスを選ぶ上では、特に「転送速度」が重要です。
そして「容量」「接続端子」何より「コスパ」も気になるところですよね!

それではさっそく、オススメのデバイスをチェックして行きましょう!

目次

  1. DJ用の記録デバイス チェックポイント
  2. 小型で高速!プロDJ仕様のUSBメモリおすすめ
  3. 転送速度が爆速!人気のポータブルSSDおすすめ
  4. 安定性バツグン!色んな用途で使えるSDカードおすすめ
  5. 最新モデル!スティック型SSDおすすめ

自宅でプロのDJから学べるオンラインDJレッスンの無料体験!
「rekordbox ビギナーコース with DDJ-400 無料体験」




1. DJ用の記録デバイス チェックポイント

USBメモリやSSDも、DJ用となると少しニーズが変わってきます。こんなポイントをチェックして選びましょう!

容量 - ライブラリ曲数に合った容量を選ぼう!

大容量がいい!と思いがちですが、音楽ファイルを持ち運ぶためなら必ずしも大容量である必要はありません。
現場に持ち込むUSBメモリは「128GBあれば十分」
普段から音楽ファイルを入れてポータブルSSDを使うなら、1TBもあれば十分かもしれません。

320kbpsのMP3だと、5分間のファイル1つで約12MBです。
これを計算すると、1GBで約96曲 100GBで約10000曲になります。
この目安を参考に、これから増えるライブラリのことも考えて容量を選ぶと良いと思います!

転送速度 - 読み込み速度でプレイが変わる!?

中でもCDJで使用する場合は、読み込み速度でDJプレイの質が変わります。
特にHipHopのスタイルで曲をクイックでプレイする場合、読み込みの遅いUSBデバイスを使っていると命取りになりかねません・・!
このページでは、転送速度が速いものばかりをおすすめしています。

接続端子 - 使用するPCや機材をチェック!

色んな最新デバイスを見ても、USB-Cコネクタがこれから主流になっていくことは間違いありません。
PCにのみ接続して使用する場合は、もちろんPCのコネクタに合わせるのが良いでしょう。
しかしPioneer DJのCDJは2021年1月現在のところ、全てUSB タイプ-Aのコネクタになっています。
もちろん変換ケーブルを挟めばCDJでも使えるでしょうが・・これは予期せぬトラブルの元。
USB タイプ-Aのコネクタ、もしくは予備でSDカードの物を用意すると良いでしょう!

2. 小型で高速!USBメモリおすすめ - SanDisk Extreme Pro

サンディスクは、フラッシュメモリー製品を中心に扱うアメリカのブランド。
今回紹介するUSBメモリは転送速度が爆速なことで有名で、プロのDJブースでもよく見かける一品。自分も2本所有しています。
その速度は、4K映画を丸ごと1本(4GB)のコピーを40秒以内に完了するというスピード!
もちろんこのスピードが常に出るわけではありませんが、高速USBメモリとしては間違いなくオススメできる一品です。

created by Rinker
SanDisk
¥4,830 (2021/10/21 21:22:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

3. データ転送が爆速!ポータブルSSDおすすめ - SanDisk ポータブルSSD

同じくSanDiskのSSDをレコメンド。このポータブルSSDは、かなり軽量 & 小型なので持ち運びもノンストレス。
デザインもおじさん臭さが無くて良い感じですよね!笑

肝心の読み出し速度は最大で1050MB / 秒という超高速!またIP55という基準を満たした防滴・防塵性の高耐久性能のようです。
クラブでは強い振動やお酒など、色んなごラブルが予想されるのでこれは嬉しい設計ですね!




4. 安定性バツグン!SDカードおすすめ - Transcend SDカード 128GB

トランセンドは、メモリ製品のスペシャリストとして知られる台湾のブランド。
このSDカードは、価格はお手頃でなおかつ CLASS10という基準を満たした高速転送。
容量も4〜512GBまでラインナップしているので、音源ライブラリに合わせて選ぶと良いと思います!
(ほとんどの場合 128GBあれば十分です。)

耐水性や静電体制などの信頼性も兼ね備えていて、現場への持ち運びにも安心ですね!
自分もこのSDカードは今までに3枚購入して、音楽用や映像用として使っています。

created by Rinker
トランセンドジャパン
¥2,380 (2021/10/22 06:52:11時点 Amazon調べ-詳細)

またCDJを使用する上では、「SDカードのほうが安定性が高い」と業界内では言われています。確かに接触がむき出しになっているUSBよりも安定性は高いのかもしれないですね!
飽くまでメインはUSBメモリでも、SDカードを予備で常に携帯しておく・・という使い方もかなりオススメです!

5. 最新モデルはこれ!スティック型SSD バッファロー SSD 外付け 1.0TB USB3.2Gen

こちらは国内有名メーカーBuffaloの最新モデル!
SSDがスティック型になって、DJ時でも使いやすくなっています。

SSDはとにかく転送速度が速いのが特徴で、一般的なHDDの数倍〜10倍の速度があります。
またディスクを内蔵しているHDDよりも、データ消失等のトラブルが圧倒的に少ないと言われています。
さらにこの製品は、スティック型なのでDJブースなどでスペースを取りません!
また日本の大手メーカーなので、サポートなども安心ですね!

まとめ - 自分のニーズにあったデバイスを選ぼう!

どれがダントツでおすすめ!ということはなく、自分のニーズに合った記録デバイスを選ぶと良いと思います!
ざっくりとまとめると・・

PCに音源データを保存していて、DJプレイ時にだけ転送する、という人はUSBメモリ

持っている音源データを保存しつつ、DJプレイにも使いたい!という人はポータブルSSD

とにかく安定性重視!USBも使っているけどバックアップも用意したい人はSDカード

コンパクトかつ容量も転送速度も欲しい!という人はスティック型SSD

というタイプ別おすすめになっています!
ぜひ高速なデバイスを使って、快適なDJライフを♪




DJは「オンラインスクール」で独学する時代へ

DJを始めたからには、「上達したい!」「クラブやフェスでDJプレイしたい!」という思いを持つ人がほとんどだと思います。
しかしスポーツやピアノ、ギター等の楽器とはちがって、DJは練習方法が確立されていません
そのため、DJの基礎を知らないまま自己流で練習している人がほとんどです。

DJを上達しようと思うと、以前はDJスクールに実際に通うのが一般的でした。
しかし・・入会金を含めると10万円〜20万円のレッスン料がほとんど。
また、講師となるDJも副業でDJをやっている方が多いといいます。

この日本初の本格オンラインDJスクール 「MIXFUN!」では、動画を中心に初心者でもDJを学べるプログラムを開発しました。
また、講師を務めるのは23年間プロのDJ / プロデューサーとして活動するDJ KOMORIです。

自宅でプロから学べるDJのコンテンツが用意されているのでぜひ無料体験してみてくださいね!

自宅でプロから学べるオンラインDJレッスンの無料体験はこちら↓
「rekordbox ビギナーコース with DDJ-400 無料体験」

 

注目の記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. DDJ-400でDJデビュー!練習と準備はこれだけやればOK

  2. Serato DJの使い方がわかる!初心者もDJができる解説ページ

  3. 【DDJ-400】初めてのDJ機材に最適!プロが絶賛する人気No.1のDJ機材とは!?

  4. 誰でもわかるrekordboxの使い方!初心者DJも使える基本ガイド

  5. 【DDJ-400】HOUSE MIX – DJテクニックが分かる字幕付き

  1. 【DDJ-400】初めてのDJ機材に最適!プロが絶賛する人気No.1のDJ機材とは!?

  2. rekordbox & DDJ-400の使い方が初心者も分かる!DJスクールに通わず上達する方法

  3. DJテクニック解説 – BPMを変えながらTop 40をミックス! rekordbox + DDJ-400

  4. DJをはじめた初心者に大切な3つのポイント!誰かのマネをしてもOK!?

  5. 【神動画】曲を聴くだけで音楽ジャンルが分かる方法を解説!

ピックアップ

  1. 実は簡単!DJサンプラーの使い方と音源 DJソフトやDJセットでサンプラーを使う方法

  2. DJデビューで失敗しないために!DJがクラブでよく出会うトラブルの解決法は?

  3. 「なぜDJは作曲するの?」日本で語られない、有名になる以外の4つのメリット