iPhone対応DJコントローラーDDJ-200発売!DJの常識が変わる!?

PioneerがiPhone対応DJコントローラー、DDJ-200を発表!DJの常識が変わる!?

スマホ用DJアプリWe-DJ for iPhone とストリーミング音楽配信サービスを利用してDJを始められることで話題となっているDDJ-200。
つまりこれとiPhoneさえあればDJが初められるんです!(Android端末は秋頃対応予定)

・・と言ってもMIXFUN!をチェックしてくれている方には「DJアプリもコントローラーも前からあるじゃん!」と思っている方もいるでしょう。
このDDJ-200は今までと違ってWe DJアプリのために作られたコントローラーである、ということです。

また「djay」「edjing」といったDJアプリにも対応!

オンラインDJスクール「MIXFUN!」の無料メール会員に登録するとメンバー限定公開のコンテンツもご覧になれます♪

WeDJ for iPhoneアプリを使用することで、ストリーミング音楽配信サービスのBeatport LINKのほか、初心者向けのサポート機能「チュートリアル機能」「TRANSITION FX機能」やスマホをタッチしてエフェクトをかけたり、これまで以上に簡単にDJを楽しめるようになりました。

ということでストーリーミング配信サービスが使えて、3バンド EQはもちろんフィルターや8つのパッドまで付いていてコントローラーとしてかなりの機能性が期待できます。

Pioneer公式のニュースより発表されている対応アプリは以下の通り。

Spotify対応のDJアプリを使えば、Spotifyを使ってのDJも可能!ということになりますね。

しかし一つ、事前に知っておいて欲しいポイントがあって、このDDJ-200には「オーディオインターフェイスが内蔵されていない」という点です。

つまり音声は飽くまでiPhoneなどから出力し、このDDJ-200はアプリをコントロールをするためのBluetoothコントローラーである、ということ。

もちろんストーリーミングサービスが使えるということもあり、エントリーモデルとして大きな可能性を秘めている魅力的な一台!

このイメージ映像から見て分かるように、クラブでのDJプレイというよりは「ホームパーティーでの使用を前提としたコントローラー」と言えるでしょう。
(厳密にいうとストーリーミングの音源は個人使用が前提だから、それをクラブなどで商業利用すると法律的にも引っかかって来たり・・笑)

しっかりとしたDJプレイをするにはやはりDDJ-400以上の機材や、本格的なDJソフトの導入を考えておいた方が良さそうですね!

[記事] 今一番売れてるDJ機材 Pioneer DDJ-400レビュー!

関連記事

DJ初心者にオススメ!3万円ではじめられるDJコントローラー3選

ログインするとコメントをすることができます