【DDJ200 vs DDJ400】iPhone対応DJ機材レビュー!DDJ-200と400の違いは? Spotify使える?

 posted by DJ KOMORI カテゴリー:レビュー DJアプリ

Pioneer DDJ-200はiPhone対応DJコントローラー!DDJ-400とはここが違う

 

今回はいま話題のDJコントローラー「DDJ-200」を紹介します!
DDJ-200は、結論から言うと・・
スマホを使って手軽にDJをはじめたい!
趣味でホームDJパーティーをやってみたい
という人に向いているDJコントローラーですね!

しかし音質にこだわったり本格的なDJをやりたい
という人でノートPCを持っている人にはDDJ-400をオススメします!

無料でDJが学べる!日本で初のオンラインDJスクール

MIXFUN!では、初心者のDJからステップアップするためのノウハウを、20年以上の間に2000回以上のクラブプレイ経験を持つDJ KOMORIが教える、日本初のオンラインDJスクールです!

今なら!オンラインDJスクールMIXFUN!の【無料メール会員に登録】で3つの特典が!

DDJ-200はiPhone & アンドロイドのスマホで使える!

スマホ用DJアプリWe-DJ for iPhone とストリーミング音楽配信サービスを利用してDJを始められることで話題となっているDDJ-200。
つまりこれとスマホさえあればDJが初められるんです!

・・と言ってもMIXFUN!をチェックしてくれている方には「DJアプリもコントローラーも前からあるじゃん!」と思っている方もいるでしょう。
このDDJ-200は今までと違ってWe DJアプリのために作られたコントローラーである、ということです。
また「djay」「edjing」といったDJアプリにも対応しています!

We DJアプリで海外のストリーミングサービスが使えるDDJ-200!

Pioneerが開発したWeDJ for iPhoneアプリを使用することで、ストリーミング音楽配信サービスのBeatport LINKのほか、初心者向けのサポート機能「チュートリアル機能」「TRANSITION FX機能」やスマホをタッチしてエフェクトをかけたり、これまで以上に簡単にDJを楽しめるようになりました。
(>>Beatport LINKについてはこちら

ということで、ストーリーミング配信サービスが使えて、低中高音をイジれる3バンド EQはもちろん、フィルターや8つのパッドまで付いていてコントローラーとしてかなりの機能性があります!
>>DJ機材の用語が分からない方はこちらのDJ用語集を!

Spotifyも使える!djayアプリに対応(2020年7月まで)

また、djayアプリはSpotifyを使用することができます。
つまりDDJ-200とiPhoneがあればSpotifyでDJができる!というわけなんですね。

しかしこのdjayアプリも、Spotifyを使用できるのが2020年7月まで
というとても残念なニュースが入ってきました。
SpotifyでDJできることを前提にDDJ-200購入するとガッカリしてしまうかも知れませんね・・
 

対するDDJ-400は死角ナシのビギナーモデル!

それではDDJ-400を比較しながら紹介してみましょう!
まず価格は3万円ジャストと、DDJ-200より一万円高い価格設定となっています。
しかし実際に機能を見ていくと、かなり大きなちがいがあることがわかります。

PioneerのDJソフト「rekordbox」が使える!

まず、rekordboxというPCDJソフトのライセンスが付属しているので、ノートPCに接続してrekordboxのソフトを使ったDJが可能です。
このrekordboxがかなりのスグレモノで、海外のTOP DJの大半が使用しているといえる、信頼あるDJソフトなんです。
ということは、クラブに行ってCDJでプレイしたい!という時も同じプレイリストをそのまま使うことができます!
逆に言うと、ノートPCがないとDDJ-400の機能を本領発揮させられない、ということになります。(スマホを接続してDJすることも可能です)
また、あとで説明するオーディオインターフェイス機能があるのも大きなメリットです!

ということで、一万円の価格のちがいながら本格的にDJをやりたいならDDJ-400の方がかなり大きなメリットがあると思います!

rekordboxやDDJ-400の使い方が分からない時はオンラインレッスンで!

しかしDDJ-400の方がPCとrekordboxのソフトを使用するため、機能が複雑でハードルが高いのも事実。
そこでこのMIXFUN!ではrekordbox ビギナーコース with DDJ-400をスタート
ビギナーでも安心してDDJ-400を使いこなせるようにオンラインでレッスンしてます!

オンラインレッスンをチェック↓↓↓

気軽にはじめられるDDJ-200、DDJ-400とのちがいはどこ?

ここまで読むと「スマホですぐできるなら、DDJ-200でも良さそうじゃん!?」と思うかも知れません。
しかし一つ、事前に知っておいて欲しいポイントがあります。
それはこのDDJ-200には「オーディオ・インターフェイスが内蔵されていない」という点です。
(オーディオ・インターフェースとは、音声をスピーカーなどに向けて出力する機能のことです)

つまり、他のDJ機材のように、このDDJ-200にスピーカーを赤白のケーブルで接続してサウンドを出力することはできません。
あくまで音声はiPhoneなどから出力し、このDDJ-200はアプリをコントロールをするためのBluetoothコントローラーである、ということ。

もちろんストーリーミングサービスが使えるということもあり、エントリーモデルとして大きな可能性を秘めている魅力的な一台!なので、その点を理解して購入したいですね!

このイメージ映像から見て分かるように、クラブでのDJプレイというよりは「ホームパーティーでの使用を前提としたコントローラー」と言えるでしょう。
一方のDDJ-400には、オーディオインターフェイスが内蔵されています。
スピーカーを接続すれば当然音がなるし、クラブやバーに持ち込んでDJプレイの音声を出力することももちろん可能です!
オーディオインターフェイスという言葉が聞き慣れないかも知れませんが、このちがいはかなり大きいと言っておきましょう。

まとめ - DDJ-200は手軽さが売り!本格派を目指すなら400など上位機種を

ということで、今話題のDJコントローラー「DDJ-200」を紹介してきました!
「スマホを使って手軽にDJをはじめたい!」
「趣味でホームDJパーティーをやってみたい!」
という人にはピッタリの一台ですね!
しかし、しっかりとしたDJプレイをするにはやはりDDJ-400以上の機材や、本格的なDJソフトの導入を考えておいた方が良さそうですね!
価格も一万円しかちがわないので、一台目に購入するならMIXFUN!的なオススメはやっぱりDDJ-400ですね!

今なら!オンラインDJスクールMIXFUN!の【無料メール会員に登録】で3つの特典が!

 

 

関連記事

[記事] 今一番売れてるDJ機材 Pioneer DDJ-400レビュー!

DJ初心者にオススメ!3万円ではじめられるDJコントローラー3選

ログインするとコメントをすることができます