Pioneer DJM-900 Nexus 使えるエフェクトテクニック Pt.1 COLOR FX 前編

エフェクトテクニックをマスターして、No.1DJミキサーDJM-900 Nexusを使いこなそう!

 posted by DJ KOMORI カテゴリー:MUSIC

日本だけでなく世界中のクラブでスタンダードとなっているPioneer DJM-900 Nexusについてレッスンしたいと思います。

いまやクラブに置いてあるミキサーといえばこれ!というほどメジャーなDJミキサーなので、このエフェクトについて知っておけばかなり現場でも心強いと思いますよ!

COLOR FXを使いこなす!

PioneerのDJM Nexusシリーズには 大きく分けてCOLOR FXBEAT FXの2種類が付いています。

動画の解説にもありますが、COLOR FXは青いパネルから種類を選択して、つまみをひねることによってエフェクトがかかります。
DJM-900 Nexusには以下の6種類
[FILTER] [CRUSH] [NOISE] [SPACE] [DUB ECHO] [GATE / COMP]
が搭載されています。
(DJM-900 Nexus2では[GATE / COMP]から[Sweep]に変更)
チャンネルごとにつまみが付いていることから分かるように、1トラックごとに別々にエフェクトをかけることが可能です!

今回のPt.1ではDJM-900 Nexusに搭載されている以下の3つのCOLOR FXを紹介しています!

FILTER  0:22〜

最もよく使われるエフェクト、FILTER。
ビギナーの人でもこのモコモコさせたりシャカシャカさせる音は聴いたことあるのでは?!

CRUSH  2:30〜

ファミコンのような音に変化するCRUSH。
左にひねるとCRUSHのみがかかり、右にひねるとハイパスフィルターの効果も同時にあります。
動画にもあるように電子音やスクラッチに使ったりしても面白いでしょう!

NOISE  3:30〜

その名のとおりノイズを生み出すエフェクト。
ひねり具合によってノイズの高低を変えることができるので、動画のように変化をつけながら盛り上がりを演出することができます。
かなりインパクトがあるけど、飽くまで「ノイズ」なので使いすぎに注意!

6種類あるCOLOR FXの [SPACE] [DUB ECHO] [GATE / COMP]については下のページで紹介しています!
続きはコチラ↓↓

Pioneer DJM-900 Nexus エフェクトテクニック Pt.2 COLOR FX 後編

ログインするとコメントをすることができます

関連動画 コース一覧へ