DJに役立つ知識 ジャンルを見分ける方法 - リズム PT.1

posted by DJ KOMORI カテゴリー:ビギナー

HipHop、R&B、TRAP、レゲエ‥ジャンルのちがいはリズムで説明できる!

音楽には色々なジャンルがあるけれど、曲を聴いてもジャンルが分からない!という人も多いと思います。
ジャンルを見分けるポイント、それは「リズム」にあります!
まずはページのトップにある5分間の動画を見てもらえれば、それが分かると思います。

トップにある動画ではサンプルのトラックを使って説明していますが、ここから先はそれに加えてもっと身近に分かるように、実際に今でもクラブでPLAYされているそのジャンルの定番曲を例に解説して行きましょう!

HipHop

ニューヨークの街を歌ったJay-Zの代表曲で、今でもクラブで大合唱となるHipHopクラシック。イントロのリズムを聴いただけでも「おお、HipHopだ!」と分かるくらいハッキリしていますよね。
BPMも80台と遅いのが特徴的。しかし最近のHipHopはなんと言っても「TRAP」に近いリズムがメインストリームになっていますよね!

HipHop / Trap

2019年の世界最大ヒット曲となった "OLD TOWN ROAD" も、リズムとしてはTRAPとほぼ同じですね!
世界のHipHopチャートを見てもこのようなタイプのリズムがほとんどです。TRAPを聴いてみましょう

この "Harlem Shake" の大ヒットはTRAPが世界中に知られるきっかけの一つでしたね。
そして先ほどの "OLD TOWN ROAD" は「HipHopとカントリー・ミュージックという、真逆とも思われた音楽をかけ合わせた」その斬新さがで話題となりました。ギターの音や歌のメロディーはカントリー、RapのパートやトラックのリズムはHipHopと分けることができるでしょう。カントリー・ミュージックはヨーロッパからアメリカに移住した人にとっての民謡のような存在で、曲はこんな感じです。

R&B - アールアンドビー

R&Bの人気アーティストといえばブルーノ・マーズですね!R&Bなどのブラック・ミュージックはビデオにあるように腰を落としてダンスするのが特徴ともいえます。
またHipHopとR&Bは兄弟のような関係で、少し強引な言い方ですが「同じトラックでも歌が乗るとR&B、ラップが乗るとHipHop」とカテゴライズされる場合も多いでしょう。この曲は80年代のファンクに影響を受けているので、僕はこんな曲とセットでプレイしたりもします。

FUNK - ファンク

ファンクといえばジェームス・ブラウン!と言って間違いない、FUNKの神様的存在で、その中でも代表曲はこの「セックスマシーン」(冷静に考えるとすごいタイトル。笑)
既に彼は亡くなっていますが、彼の産み出した「ファンキー」なリズムはこれからも無くなることは決して無いでしょう。 トップの動画では「HipHopはファンクのテンポを遅くした音楽だ」と言いましたが、ここでちょっと面白い動画を紹介します。

ウィル・スミスがRAPしながらその後ろでDJジャジー・ジェフがプレイ。 FUNKの速いブレイクをスクラッチしながらテンポを落として行くと・・それがHipHopのリズムに変わる、というシーンです。(厳密に言うと最初の曲もオールド・スクールHipHopだけど。)
HipHopはファンクの他にも、ソウルやジャズの影響も受けています。

DISCO - ディスコ

この曲は70年代のディスコブームの火付け役となった映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のテーマソング。ファンクに比べてリズムがシンプルなのが特徴で、キックが「1,2,3,4」と1拍ごとにキレイに入る「4つ打ち」なんですね。
そう、ディスコはR&Bともハウスとも近い親戚であり、ここからハウスミュージックに流れていくカルチャーも生まれるわけです。

REGGAE - レゲエ

日本でもすっかりメジャーなジャンルになったレゲエ。その中でもこの曲はダンスホール・レゲエと呼ばれる、80年代にクラブ向けのレゲエミュージックです。
Reggaeton - レゲトンはレゲエの弟分のような存在で、リズムとしてはかなり近いですね!
もともとレゲエは神様「ボブ・マーリー」の音楽に象徴されるようにもっとゆったりしたリズムだったけど、これらはダンスホール・レゲエが流行してからはルーツ・レゲエとも呼ばれ、後から区別されるようになりました。聴いてみてください

「1・タン!・2・タン!・3‥」のタンの部分が強調されているのが分かりますよね!ゆったりとダンスするのがとてもピースな雰囲気を生むので、ぜひクラブでもプレイしてみてください

POPS - ポップス

これは2015年ごろからPOPSの主流となりつつある、レゲエやレゲトンなどのリズムを取り入れたスタイルです。ゆったりとしてる中にアクセントがあってリズムが取りやすいので、日本のクラブでも自然とカラダが動くお客さんが多いですよね。

日本でも知らない人はいないくらいこの特大ヒット曲も、ドラムのリズムとしてはレゲエやレゲトンを取り入れています。
‥そしてこのシンセの音色、どこから来ているか分かりますか?
これは恐らく当時ブレイクしたばかりのトロピカル・ハウスの影響を大きく受けています

まとめ - ジャンルが合わさった時にブレイクする!?

ということで「ジャンル」は一つずつがバラバラではなく、お互いに歴史や作品でつながっているんですね!
しかも隣り合っているジャンルではなく、「カントリー x ヒップホップ」や「レゲエ x トロピカル・ハウス」のように全然関連のないと思われるジャンル同士が一つの曲で合わさった時に
「OLD TOWN ROAD」や「SHAPE OF YOU」のような幅広いジャンルを巻き込むことで大ブレイクが起こる!ということが言えるのかもしれません。
その辺りを意識してDJプレイに取り入れてみるとまた一つステップアップできるでしょう!

関連記事

DJに役立つ知識 ジャンルを見分ける方法 - リズムとBPM PT.2

必見! DJとして成功するために大切な5つの要素 第1回

オンラインDJスクール「MIXFUN!」の無料メール会員に登録するとメンバー限定公開のコンテンツもご覧になれます♪

ログインするとコメントをすることができます